2009年 09月 24日

霧の朝


am6:30
d0047885_17593357.jpg


いつもと違う 霧の朝は

いつもと違う 美しい朝


いつもと同じ 風景も

いつもと同じ 時間も

少しだけ おしゃれな朝になった


d0047885_17595684.jpg
孔雀草


d0047885_1823230.jpg
庭の水滴





[PR]

by mayumis39 | 2009-09-24 18:17 | 自然 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://mayumis39.exblog.jp/tb/10261390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by poron_55 at 2009-09-24 19:30
こんばんは。
いつもと違う風景・・・見慣れた風景も時折そんなことに気づかされますね。
霧の朝の早起きが・・・思わぬ幻想的な風景に出会えましたね。
孔雀草の背部にも、そのおぼろげな樹形、庭の水滴にも霧の朝の表情がたっぷり感じられます。
Commented by kiyooku at 2009-09-24 21:12
今晩は
朝の靄の風景は落着きますよね。
風景の中に溶け込んで仕舞う様な気持ちに・・・
ゆっくりと時が流れますよね。
素適な写真有難う御座いました。
Commented by soratanu2 at 2009-09-25 10:32
おお~。
いつもの屋敷林風景・・。
太陽が昇ってきたところを、パシャ!
美しいですね。
孔雀草は、近所にもあるよ。すごーく大きな株で。
色がいいし、可愛いし。
露が降りたんですね。
朝夕、冷えてきました。
Commented by 74mimii at 2009-09-25 13:01
素敵な霧の朝 
朝日が遠慮しながら昇って
よい一日になりそうですねぇ~
孔雀草の紫が美しいです!
Commented by てんてん at 2009-09-25 13:44 x
ご無沙汰してます。
先日の連休に主人と富山市と、砺波市に遊びに行ってきました。
正直、富山の街中に走る電車と並んで走って、ちょっと怖かったかな^^;
でも、珍しい風景で新鮮でした♪
礪波市は山の中地聳え立つホテルへ・・・。
ここももう一度遊びに行ってもいいかな~って主人と話してきました。
また行きたいな・・・^^*
Commented by i0812n at 2009-09-25 19:20
こんばんは、ご無沙汰しています。
こちらも最近の朝、霧に包まれていることも
多くなってきましたね。この時期は霧が多い
季節ですからね。
クジャク草、初めてみました。紫のお花が
とってもかわいらしいです。
Commented by mayumis39 at 2009-09-25 22:33
*poron_55さん
こんばんは。ようこそいらっしゃいました!
霧の朝って素敵ですね、
朝の支度をいろいろしなくてはいけないのに、まず、カメラを手にしていました^^
Commented by mayumis39 at 2009-09-25 22:35
*kiyookuさん
そちらの朝靄も風景もとても素敵で感動しました。
こちらこそ、ありがとうございました。
Commented by mayumis39 at 2009-09-25 22:41
*kukkieさん
こんばんは!
毎日見ている屋敷林も素敵に見えるでしょ^^
孔雀草は今年少し元気がないんですよ、
あんまり手入れしないからでしょうね・・・もう少しちゃんと見てあげないといけませんね。  
Commented by mayumis39 at 2009-09-25 22:44
*mimiさん
この日、霧は8時ころにはすっかり晴れて秋晴れの良い一日になり、
うれしいことに、白無花果を11個も収穫できました^^
Commented by mayumis39 at 2009-09-25 22:54
*てんてんさん
お久しぶり!また遊びに来てくれて、うれしいです^^
近くまでおいでだったのですね・・・
シルバーウィーク前半でしたら、お天気も良く、散居村が一望できて、良かったですね^^
どうぞ、また遊びに来てください、その時にはぜひご一報くださいね、
どこかでお会いしましょう!
Commented by mayumis39 at 2009-09-25 23:00
*i0812nさん
こんばんは!
霧の朝、もう少しこの霧が続いていてほしいと思うのですが・・・
孔雀草・・・かわいいでしょ^^
この花より、もう少し薄い紫の花も隣に咲いているんですよ。



<< ふくれっ面      ツマグロヒョウモン >>