きょうから あしたへ

mayumis39.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 21日

コマユミ



d0047885_150613.jpg


小さくて 

かわいくて

最後まで 情熱的



[PR]

by mayumis39 | 2009-11-21 01:51 | 花暦 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://mayumis39.exblog.jp/tb/10477354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mico at 2009-11-21 08:39 x
苔に散り敷いたマユミの赤い葉が映えて綺麗ですね。
Commented by 74mimii at 2009-11-21 14:28
赤い葉に 幼女たちが笑いながら跳ねまわっている姿を
想像してしまいました。 落ちた葉なのに・・・不思議なパワー!
Commented by jo3jvd2 at 2009-11-21 22:05
・鮮やかな色合いですね~
こちらは冷え込みが緩くて紅葉も中途半端です。
Commented by oyamatch at 2009-11-22 01:07
落ちても、まだ存在感があるなんて!
そんな人になりたいっすね~~(って、自分もひとりごとです~(笑))
Commented by sansenkiso at 2009-11-22 06:10
寺社などで庭木として植えられているのを見たことはありますが
自生する樹をまだ見たことがありません。
印鑑の素材になっているとは知りませんでした。
Commented by hitakijo at 2009-11-22 17:31
こんばんは。
素晴らしい紅葉ですね。落ちても錦いいですね。
↓ブロッコリーはアブラナかですから、モンシロチョウの卵です。
Commented by ironsky at 2009-11-22 22:00
コケの上に落ちたマユミの赤い葉が、とても鮮やかです。
寒くなってきた証拠でしょうか。
Commented by mayumis39 at 2009-11-24 00:34
*micoさん
残る葉も、散った葉も、ともに燃えるように赤くなって、美しい朝でした。
Commented by mayumis39 at 2009-11-24 00:36
*mimiさん
しばらくは落ちてもなお燃える赤で、
コマユミの葉は、小さくてもほんとに存在感があり、好きなのです。
Commented by mayumis39 at 2009-11-24 00:37
*jvdさん
そうですか・・・さみしいですね。
やはり、冷え込んだ朝には、一層鮮やかに見える気がします。
Commented by mayumis39 at 2009-11-24 00:39
*oyamatchさん
はい!もちろん・・・ねっ!
Commented by mayumis39 at 2009-11-24 00:41
*sansenkisoさん
この木は、4年くらい前に、
友人から「この木はあなたの木だから・・・」と実生で育てた苗をいただいて植えたものなのです。
里山では、たまに見かけることがありますよ。
印鑑の素材ですか・・・はじめて知りました。ありがとうございました。
Commented by mayumis39 at 2009-11-24 00:44
*hitakijoさん
↓やはり、モンシロチョウの卵でしたか・・・。ありがとうございました。
苗のころはネットをしていたのですが、大きくなって窮屈になってきたのでネットを外したとたん、モンシロチョウがやってきていました。
良いベットになっていたんですね^^
Commented by mayumis39 at 2009-11-24 00:48
*ironskyさん
そうですね、日に日に赤さが増してきたようです。
しかし、もう、雪が降ってもおかしくない季節なのに、今のところまだ里に雪はありません。


<< 父の庭      無農薬 >>