2010年 05月 19日

ホウチャクソウ(狐の提灯)



いつもの場所では 

名前のとおり ひっそりと 

薄暗い 林の中を 照らすように 

そっと 咲いているのに

ここでは 

こんなに にぎやかで 

なにか 良いことでもあるかのように

にぎやかな 灯りが ともっていた・・・

d0047885_2331984.jpg




[PR]

by mayumis39 | 2010-05-19 23:12 | 花暦 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mayumis39.exblog.jp/tb/11143737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by soratanu2 at 2010-05-20 05:20
おお~っ。
可愛い。
葉っぱの下に隠れるように謙虚に咲いておる・・。
緑も美しい!!
2008.5.20に行って来ました。
テレビで見たのは、まさにそれでしたよ。(笑)
ありがとうございました。❤
Commented by sansenkiso at 2010-05-20 07:11
子供の頃にはよく見かけた記憶がありますが最近はさっぱり見られません。
これで精一杯花が開いているのですね。
宝鐸草は寺院の堂塔の四隅の軒先に吊るされた風鐸に形が似ている
ところから名付けされたそうですね。
Commented by mayumis39 at 2010-05-20 23:29
*kukkieちゃん
可愛いでしょ^^
本来なら、もう少し薄暗いような所に咲くのですが、
ここは割とひかりが入り込んでいて、こんなに群生しているのは珍しい気がしました。
過去記事も見てくださってありがとう!
なんじゃもんじゃの花もとってもきれいですよね、
今年、植物園のその花は、まだ蕾でした。
Commented by mayumis39 at 2010-05-20 23:31
*sansenkisoさん
おっしゃる通り、由来はそのようですね。
でも、私は「狐の提灯」の方が好きなんですよ、なんだか可愛らしい呼び方ですものね^^


<< 花の記憶(こでまり)      クサイチゴ >>