きょうから あしたへ

mayumis39.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 22日

小さな一粒



d0047885_18134432.jpg


朝の 光の中で 

宝石のように 輝く 小さな 一粒・・・

これは

ジョウビタキが 吐き出した コマユミの 種

ぴかぴかで 

つるつるで

まるで ほんとに 小さな 宝石のようだ












お天気が 悪いと

ジョウビタキは いくつか 実をついばんでから

ゴールドクレストの 木の下に やってきて

雨風を 避けながら ゆっくりと 実を 味わう

それから おもむろに

ぴゅっ ぴゅっと 種を 吐き出すのだ

コマユミの木から 離れたところに 散らばる 種が

何処で ジョウビタキが 休んでいたかを 物語る・・・


他にも 植木鉢の中に 集中してこぼれていたりすると

この淵で 休んで行ったのだろうと 思ってみたりする

姿が 見えなくても

その 可愛らしい様子が 目に浮かぶ


コマユミの 種が 物語る ジョウビタキの 食事風景・・・



[PR]

by mayumis39 | 2010-12-22 18:39 | 自然


<< きょうの小さなおつまみ      霧の朝 >>