きょうから あしたへ

mayumis39.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 08日

一日中 雪景色を 見ていた・・・


大宮の 内にも外にも 光るまで 降れる白雪 見れど飽かぬかも    (大伴家持)



am7:31
d0047885_23421145.jpg

長い 夜が 明けてゆく時

ほっと こぼれた 息が

青く 染まって ゆく・・・




am8:06
d0047885_23425920.jpg

陽が 射してくると

白い雪の原が

キラキラと 光を 増す・・・




pm3:07
d0047885_23444266.jpg

氷柱の 雫の 落ちる時

その一瞬が とても 愛しくて

やっぱり 毎年 カメラを 向ける・・・




pm4:21
d0047885_23454381.jpg

医王山に 日が沈む時

夕陽に 染まる 雪の原は 

美しく 眩くて

このままに 時間を 止めたくなる・・・





pm5:17
d0047885_23462685.jpg

雪雲の 隙間で

戸惑う 三日月

明日の 空を 占う 時間・・・





一日中 見ていても

飽きることのない 雪景色が 

私の 毎日の 呼吸の 一部・・・




[PR]

by mayumis39 | 2011-01-08 00:16 | 自然 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://mayumis39.exblog.jp/tb/12654668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jvd at 2011-01-08 09:13 x
・3枚目の氷柱がお気に入りです!
こちらでは撮れない作品ですね、一度雪国にすんで見たいと
思いました(飽きるかな?)
Commented by cahiersauvage at 2011-01-08 09:47
氷柱は家の方では今や懐かしいものになってしまいました。子どもの頃は近くの水が落ちるところの土手に、葉っぱから氷柱が沢山下がって、朝日にきらきら輝いていたものです。今でもその風景をはっきり覚えています。
日本海側の日の光は私たちの方とはずいぶん違いますね。光が弱い感じ。イギリス映画を見ると柔らかい日の光が画面全体を覆っているのですが、あれに似ている感じがします。優しい光ですね。
Commented by sansenkiso at 2011-01-08 11:27
冬の北陸特有の空模様ですね。
昔、義兄が北陸の支店へ転勤になった時に、毎日灰色の空だと嘆いていました。

物事は考え方次第ですから、住めば都ですね。
Commented by shizenkaze at 2011-01-08 22:12
いつも見せて頂いている風景ですが毎回違う風景に何か感じるものがありますね・・・・・
『定点カメラ』のように同じ場所を同じ所から写し続ける事はなかなか出来ませんので、とても貴重だな~と感じています^^

今日仕事中に聞いているFMのパーソナリティーが『屋根に見えるコオリバシラが綺麗なんですね』と読んでいるのを聞いて『ガクッ』としました・・・・・^^
いくらなんでも『氷柱(つらら)』をそのまま『コオリバシラ』とは・・・・><

子供の頃氷柱を齧っていた事がありました・・・・・
いまより空気が良かったとしても今思えば良くお腹を壊さなかったものですね~~♪^^
Commented by mayumis39 at 2011-01-08 23:36
*jvdさん
ありがとうございます。
住めば都・・・
冬には冬の楽しみもあって、
ここの良さは、やっぱり住んでみないとね・・・

でも、時々、灯りのない夜は淋しくもなります。
Commented by mayumis39 at 2011-01-08 23:53
*野澤さん
子どものころに比べると、明らかに平均気温が高くなっているようですから、
もう、なかなか氷柱を見ることはむつかしいかもしれませんね。
冬の日、すっきりと晴れあがったまぶしい空は、なかなか見ることができません。
だから、こんな日は、
日がな一日外を見ていても飽きないのです^^
柔らかなひかりは、意地を張らずこの地に溶け込んでゆくように促してくれるようです。
Commented by mayumis39 at 2011-01-08 23:54
*sansenkisoさん
そんなんですね、
住めば都とは、良く言ったものです^^
Commented by mayumis39 at 2011-01-09 00:00
*shizenkazeさん
私には、今のところここが一番落ち着ける風景なのです^^
ブログをはじめて5年、いったいどれだけこの風景を写し撮ってきたことでしょう・・・
それでも、毎日違って、素敵に見えてきます。

なかなか氷柱を「つらら」と読むのは難しいかもしれません。
入社試験に出てきそうです^^
今の子どもたちが、氷柱を齧ったりしたら、すぐにお腹を壊したりしちゃうでしょうね、
抵抗力が弱いですから・・・(**;)
Commented by 74mimii at 2011-01-09 08:19
寒そう・・・
でも何となく春の足音が聞こえてくるような気がするのは
私だけでしょうか。
Commented by mayumis39 at 2011-01-09 17:10
*mimiさん
この日は最高気温が1℃くらいでした。
翌日は、夜のお月さまが物語っているように暖かい日差しが降り注ぎましたが、
朝は、とても冷え込んで、霜柱が見られましたし、
陽の当らない影のところでは、融雪装置から出た水が凍って、
道路はつるつるになっていましたよ。
春は、まだまだ遠い・・・   少しでも、春の足音が近づいてくれればうれしいです^^
Commented by copper-eye at 2011-01-10 13:38
こんにちは。ちょびっとご無沙汰、、^^
こんな雪景色なら、私も一日中見ていそう。

mayumisさんの写真を見るたびに、雪国へ越したいという思いがつのります。。。
昔、新潟と松江に住んでいたころが懐かしいです。
Commented by mayumis39 at 2011-01-10 22:31
*コパさん 
こんばんは!
この3連休も、ほとんど家にずっといて、外ばかり見ていました^^
雪国に住まわれたことがあるのですね、新潟となると、雪の中での生活は大変だったことでしょう・・・
でも、「懐かしい」と言うのも分かりますよ^^


<< 霜柱      きょうのおつまみ >>