きょうから あしたへ

mayumis39.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 04日

おこしもの


週末に 久しぶりに 実家に帰ると

「これ 懐かしいでしょ」・・・と 

姉が 「おこしもの」の お雛様を 用意してくれた

d0047885_23505973.jpg

「おこしもの」は 米粉を練って 木枠に入れ 蒸しあげた ひな祭りの お供え



「子供の頃は 家で 作ってくれたよね、
確か 木枠も あったはずなんだけど・・・」
昔 むかしの ひな祭り・・・

・・・もう 子供の頃の 雛人形も 
それから おこしものの 木枠も
残っては いないけれど・・・

懐かしい 思い出だけは
姉にも 私も いつまでも 残っている・・・



[PR]

by mayumis39 | 2014-03-04 00:09 | 季節の行事 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mayumis39.exblog.jp/tb/20422778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by teruteruwomen2 at 2014-03-04 16:02
「おこしもの」可愛らしい♥ひな祭りですね。
こう言う思い出は、最高の財産ですよね。
Commented by shizenkaze at 2014-03-05 00:10
このお雛様を見た瞬間に『あっハンペンだ~』と思ってしまいました
魚の摺身を使った練り物の細工物ってそちらが本場じゃなかったですか?
そんな記憶があるので米粉で作られたものとは思えませんでした~

昔は飴饅頭等でも木型があって型押しで作られましたが今は無くなっているようで古いものは残して欲しいですね
残すと言うよりずっと続けていて欲しいです~♪
Commented by yohachi-nitta at 2014-03-05 11:16
美味そうだな~。
作る処を見たいものです。
Commented by mayumis39 at 2014-03-06 00:37
*てるてるさん
私は「おこしもの」という名前は、すっかり忘れていました。
ただ、おもちみたいなもので、いろんな形のお雛祭りの時のお菓子・・・とおぼえていました。
今回、姉が和菓子屋さんで買っておいてくれたので、思い出したのです。
ほんとに、懐かしくて!!
何よりの、うれしいお土産になりました。
Commented by mayumis39 at 2014-03-06 00:39
*shizenkazeさん
そうですね^^富山でいう、細工蒲鉾みたいですね^^
姉と、あの木型が残っていれば、貴重品だったのにね~と、話したのでした。
Commented by mayumis39 at 2014-03-06 00:41
*yohachiさん
ひな祭りも終わったので、このお雛様は、お餅のように焼いておやつになりました。
かすかに甘く、て素朴で懐かしい味でした^^


<< 朝の風景      オウレン >>