きょうから あしたへ

mayumis39.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 30日

雪囲い

       ドウダンツツジにも 

d0047885_19175697.jpg


           茶の木にも

d0047885_19202851.jpg


             あちら こちらで 雪への 備え
[PR]

by mayumis39 | 2005-11-30 19:24 | 自然 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://mayumis39.exblog.jp/tb/2288516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ran1005 at 2005-11-30 19:50 x
そちらは想像以上に雪が降るのですネ
赤く紅葉したドウダンやお茶の木にも雪囲いされる様子はまさに風物詩ですネ
冬の準備完了ですね 私も今日は野沢菜漬けを終了して一つ冬の準備完了です
Commented by stulip at 2005-11-30 19:56
私のまわりも雪釣り・雪囲いの支度を見かけます。今年は積雪はどうでしょうか?
Commented by ironsky at 2005-11-30 20:22
本格的な雪囲いですね。
こんなにしっかりとした囲いを作らなければいけないのですから、冬支度は大変ですね。
Commented by yesterday1964 at 2005-11-30 20:52
ということは、かなりの量が毎年降り積もるのね。
Commented by でこぽん at 2005-11-30 22:41 x
本格的な冬支度になってきましたね、
明日から12月今年も後一月早いですね・・・・
Commented by moraisan at 2005-12-01 00:43
寒さよりも、雪の質量との戦いなんですね!
茶の木の写真に見えるライトの用なのは何でしょうか? 照明?暖房用?ではないですよね^^;
Commented by mico at 2005-12-01 13:42 x
背の低い木にも雪囲いが必要なんですね~
雪の降らないこちらでは見られな風景です。
大変な手間でしょうね。
Commented by champah at 2005-12-01 14:07
お茶の木が有るって事は、気温はあまり下がらないんだ、重い雪が沢山積もるんですね。雪が積もった風景しか見たことがなかったのですが、その下では準備が大変だったのですね。都会人は脳天気だったのですねえ。。。
Commented by mayumis39 at 2005-12-01 19:12
ran1005さん これから野沢菜漬けのおいしい季節ですね。
Commented by mayumis39 at 2005-12-01 19:17
stulipさん 積雪が少ないといいですけどね、我が家もそろそろ雪囲い(そんな大げさなものではありませんが)をしなくては。
Commented by mayumis39 at 2005-12-01 19:19
ironskyさん そうなんです。とりかかる時は、小さい庭でも気合がいります。
Commented by mayumis39 at 2005-12-01 19:23
トマトさん 家は青空駐車なので、一晩にたくさん積もると、朝は泣きたくなります。
積雪量は平年並との予報。里には、少ないことを祈ってます。
Commented by mayumis39 at 2005-12-01 19:25
でこぽんさん そうですね、なんだか、気持ちだけがあせってきます。身体は、動かないんだけれど・・・
Commented by mayumis39 at 2005-12-01 19:33
moraisanさん 富山の雪は重いのです!雪かきも重労働です。たすけて~。
茶ノ木は美術館の前の植えこみなので、街灯ですね。
暖房で、ほんわか暖かかったら良いでしょうに・・・
Commented by mayumis39 at 2005-12-01 19:39
micoさん 私は雪のない所の出身なので、雪国に少しあこがれて、始めはここに来たのですが、途中で雪に参ってしまって、逃げ出したこともありますよ。
でも、今はそんなことも出来ませんので、ここでがんばっていないとね。でも、今年は少し雪を楽しめそうな気がしています。
Commented by mayumis39 at 2005-12-01 19:43
champahさん 雪が降る前はう~んと冷え込みますが、降ってしまうと、また少し暖かくなるような感じがします。
雪かき体験に、雪国留学はどうですか?(笑)


<< きらめき      アベリア(花園衝羽根空木) >>