きょうから あしたへ

mayumis39.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 19日

カラスノエンドウ


          毎年 いつもの 花に 会うと

              なつかしい 遊びを 思い出す

d0047885_20542593.jpg


              
                私が 育った 地方では
                「シービービー」と言っていた
                豆が ふくらんでくると
                さやから 豆を出して
                笛のように 鳴らした
                その 音が
                「シーシー シービービー」と 聞こえ
                また そのように 調子をつけて 鳴らしたから・・・

                何も なくても
                野原や 川原で 元気に 遊べた
                
                       ・・・昔話に なってしまった
[PR]

by mayumis39 | 2006-05-19 21:05 | 自然 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://mayumis39.exblog.jp/tb/3112453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by february_kei at 2006-05-19 21:33
みんなそうするんですね!
「シーシー、シービービー」って、拍子をつけて鳴らしましたよ。
うちの父親なんぞ、庭に生い茂ったこの草を(雑草として)抜き取るときは
いつも「シーシー、シービービー」って口ずさんでましたし。

前にもお話しましたが、この植物のことも、シービービーって呼びます。
Commented by ironsky at 2006-05-19 22:52
カラスノエンドウ、今咲いているのでしょうか。
私のイメージだと、4月から5月上旬の花です。
どこにでもあるのですが、こうやってみると綺麗な花です。
Commented by にゅうぽ at 2006-05-19 23:31 x
(・0・*)ホ,(゚0゚*)ホ--ッッ!!!
これも笛になるんですかぁ
なんか現代っ子だったので、結構うといのかも(-ω-;)ウーン
外で遊ぶことは多かったんですけどねぇ
遊具がありましたから( ̄ヘ ̄)ウーン
昔の遊びはあまり詳しくないです(´Д⊂グスン
Commented by mico at 2006-05-20 10:41 x
こんにちは
カラスノエンドウ昨日見かけましたが鞘が真っ黒になっていました。
子供の頃は野に咲く草花で遊びましたね。


Commented by thousand-spring at 2006-05-20 20:44
これも子供の頃、よくおままごとの材料に使ってました。
畑のエンドウをむしると怒られるので・・・
よく見るとかわいい花ですね。色もきれい。
Commented by mayumis39 at 2006-05-22 08:00
*如月_keiさん 同じなんですね、遊び方も、呼び方も。
友達と、どっちが上手に鳴らせるか、くらべっこもしたりして・・・
Commented by mayumis39 at 2006-05-22 08:02
*ironskyさん 花の咲いている時期はけっこう長いのかもしれませんね。
まだ、たくさん見られますよ。
Commented by mayumis39 at 2006-05-22 08:06
*にゅうぽさん 昔は身近なもので、いろいろ工夫して遊んだものです。
もちろん、遊具はありましたよ(^^)
Commented by mayumis39 at 2006-05-22 08:10
*micoさん そちらでは、もうカラスノエンドウは終わりなんですね。
昔は何もなくても、いろいろ遊べましたね。
じゃんけんをしながら、お寺の階段を上ったり、降りたり・・・
なつかしい思い出です。
Commented by mayumis39 at 2006-05-22 08:16
*springさん おままごとが、好きだったんですね、女の子らしい・・・!
わたしは結構やんちゃで、母親に、ご飯だよ・・・と、呼ばれるまで外で遊んでいましたね。幼稚園と、小学校が家のすぐ前だったので・・・
こんなふうに花をまじまじと見ることは無かったけれど、
よくよく見ると、かわいいもんですね。


<< 雨の土曜日      スズメノテッポウ >>