きょうから あしたへ

mayumis39.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 27日

桐の実

 
           薄紫の花を たくさん 咲かせていた 桐に

               こんなに たくさんの 実
                                          25日撮影
d0047885_1856235.jpg


                去年の実 と 今年の実

d0047885_19162791.jpg



          この桐の木は 農業用水の 淵にある。
          「誰が植えたわけでもないのに
           いつのまにか生えてきて 
           こんなに大きくなったんだよ」・・・と
           道路をはさんで 向い側のお家のおばあちゃんが
                                  話しかけてくれた。
           ここのお宅は、カイニョに囲まれた農家。
           二年前の台風の時には、屋敷林の杉の木が
           5本も倒れて、大変だったと伺った。
           おおきな、大きなケヤキもある。
           「大風の吹く日には、みしみしと、木が鳴って、
            そりゃあ、おとろしいよ(怖いよ)、
            ケヤキは、上に伸びとるぶんだけ、
            根っこが下に伸びとるそうだよ・・・
            木を買ってくれるという人もおるんだけど、
            まだ、年寄りがおるから
                      切るわけにもいかないしねえ・・・」
           夏には ひんやりと涼しい風が 吹きぬけそうなお宅でも
           暮らしていくには いろいろ苦労が あるらしい。
           カイニョの景観を守ろうとする運動もあるようだけれど
           実際には とても大変なこと。
           枝打ちにも もちろん結構なお金が掛かるし
           若い世代が家を離れ 老人だけが残された農家では
           秋の 枯れ枝や葉っぱの始末も ままならないし
           冬の雪囲いなどにも 苦労をする。
           
           これから このカイニョの景観は どうなっていくのだろう
          
           桐の写真を 撮っていたことから
           話がはずんで しばらく立ち話をした。
           どうやら、花の時期にも私のことを見ていて 
                           覚えていてくれたようだ。

           また 新しい出会いがあった日。
           カイニョの 屋敷林に囲まれた家で
                    暮らす人のことを 考えた日。
                             
                   
[PR]

by mayumis39 | 2006-07-27 20:02 | 自然


<< カイニョ      いよいよ夏らしく・・・ >>