2007年 04月 13日

お花畑


                            春の 農作業が 始まる前は

                                 小さな花たちの お花畑・・・

                              タネツケバナの中に

                                  ここだけ ホトケノザが 群生して 紫が 目をひいた

d0047885_18523537.jpg


                                       昨年 この田圃は チューリップ畑だったから
                                       所々で 残っていた球根が 花を 咲かせています
                                       小さく 赤い点のように みえるでしょ・・・それが チューリップ
                                       画面の右下では まだ蕾です
[PR]

by mayumis39 | 2007-04-13 19:04 | 自然 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://mayumis39.exblog.jp/tb/5151611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ysf at 2007-04-13 23:00 x
わ〜、なんの花だろうと思った、ホントだ、ホトケノザだ、そこら辺に生えていますけれど、これだけ群生するとすごいですね。
チューリップはよく解らないけれど、肥料がたっぷりだったからでしょうかねえ?
Commented by non at 2007-04-13 23:18 x
わ~~!綺麗!群生していると見事ですね~♪
紫の花、大好きです。田園の風景は、癒されますね。^^
春が来れば花が咲き、自然の営みは偉大です。
その自然を美しく保つ為の、優しい人の努力もあるのでしょうね。
Commented by mekabusan at 2007-04-13 23:27 x
はじめまして!
きれいな花畑につられてお邪魔しました。
こ~んなにたくさんのホトケノザを見るのは、はじめて。
子供のころ、道端に咲いてるのを、花だけ抜いて、蜜をチュッてやったのを思い出します。

またこれからもお邪魔させてくださいね。ありがとうございました。
Commented by mayumis39 at 2007-04-14 00:24
*ysfさん こんばんは。
私も初めはびっくりしましたよ、ここだけ紫が鮮やかで、なんだろう・・・と近づいてみました。
もうじき、耕されて、このお花畑も肥料になってしまうんです・・・
Commented by mayumis39 at 2007-04-14 00:30
*nonさん いま、春の農作業も待つ田圃は、
いちめんタネツケ花がはなざかり、ふっくらと絨毯のようです。
そして、水が入った田圃には、アオサギが餌をさがしていたり、
きょうは海からははるか遠く離れて山に近いところなのに、
カモメの群れが飛んできていました。
季節がくれば、ちゃんと花を咲かせ次世代につなげている・・・
人間も見習わなくてはね^^
Commented by mayumis39 at 2007-04-14 00:38
*mekabusan はじめまして!ようこそいらっしゃいました。
ホトケノザも蜜を吸えるんですね・・・初めて知りました。
つつじやサルビアなら、私もやったことありますよ^^
今の子供たちは、きっとそんなことしないんでしょうねえ・・・

拙いブログですが、これからもよろしくおつきあいください。
Commented by jo3jvd2 at 2007-04-14 08:20
・見たとき蓮華畑かと思いました!
春の七草のホトケノザですか、名前しか知りませんでした
綺麗な紫ですね、心癒されます。
Commented by mmamacat at 2007-04-15 03:05
パッ!と紫が目に入った時「あッ ラベンダーだ」と思ってしまいました。
見事なホトケノザですね。
春だなぁ~ と 思わずため息を・・・
Commented by mayumis39 at 2007-04-15 22:09
*jvdさん ほんとに、目立って紫がきれいでしたよ。とても、目立つんです。
思わず、近づいて眺めました^^
Commented by mayumis39 at 2007-04-15 22:13
*mimiさん この田圃もやがてトラクターが入り、
耕されて、水を張って、田植えを迎えます。
そうなれば、また景色も一変して違ったものになりますよ。
そうして、季節はめぐっていくのだなあ・・・と、しみじみ思います。


<< 旬のごちそう(タラの芽)      向野の江戸彼岸桜 >>