2008年 09月 13日

すみれの小舟


キラキラと まぶしい 朝露の 海に

小さな すみれの 花の 小舟は

その 小さな 種の 名残を 惜しんで

静かに  朝陽を 受け止めているようだ

d0047885_0561557.jpg

11日am6:54



[PR]

by mayumis39 | 2008-09-13 01:06 | 花暦 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://mayumis39.exblog.jp/tb/8601114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hisa33712 at 2008-09-13 10:10
きらきらと朝の妖精が舞いはじめて
きらきらと光を放ちながら
次の命へとつなげて行く
朝の息吹はなぜか
きらきらとわくわくと
心がしあわせ



Commented by kiy1e at 2008-09-13 21:59
こんばんわぁヾ(*^▽^*)〃

映像の美しさもさることながら・・・
詩がまた素晴らしい。

hisa33712さんの詩もいいわぁ~
お二人とも詩心があってうらやましいです。
Commented by non at 2008-09-13 22:26 x
朝露がキラキラと、宝石のようですね。
静けさの中に夏の名残が・・・季節は確かに
秋の風の中へ。。。
Commented by jo3jvd2 at 2008-09-15 22:01
・朝露に日差しが丁度あたってその反射がファンタジーな
感じを醸していて素敵な写真になっていますね。
Commented by mayumis39 at 2008-09-16 20:03
*ちょごりさん
ひんやりと、清々しい朝は、ほんのひと時
小さな種がぎっしりと並んでいたすみれの小舟が、
いまはもう空っぽで残っていました。
季節は普段あまり気にとめることもないところでも、次へとすすんでいました。
Commented by mayumis39 at 2008-09-16 20:05
*kiy1eさん
ありがとうございます。
キラキラの朝露がとっても美しくて、素敵でした^^
Commented by mayumis39 at 2008-09-16 20:14
*nonさん
朝一番の庭に出てみると、それはそれは美しくキラキラしていました。
このキラキラ、少しの間、ひとり占めでした^^
Commented by mayumis39 at 2008-09-16 20:18
*jvdさん
ありがとうございます。
この美しい朝露も、ほんのしばらくの間だけ・・・
朝一番の好きな時間です。


<< 「ごんぎつね」の夕焼け      赤い実のころ >>