きょうから あしたへ

mayumis39.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 29日

晩秋の里山 (Ⅰ)


朝の ひかりが 射し込むと
木々も のびのびと 体を伸ばして 深呼吸しているようだ
木肌からは ゆらゆらと 蒸気が 立ちのぼる

d0047885_17572371.jpg




そうして
いっせいに 吐き出す 木々の 吐息に
林のなかは うっすら霞んでいる

d0047885_17581620.jpg













「きょうの午前中だけの好天」との予報に
これは 出かけるしかない!・・・と 里山へ

小春日和の 朝
散策をしていると 背中が とてもあたたかい
こんな日は とても 貴重だ


鳥の声 
木々が さやさやと 揺れる音
踏みしめる 足もとの 枯れ葉の音
 
初めての 道
初めての 風景
新しい出会いに しばらく 時がたつのを忘れていた・・・



d0047885_18524238.jpg




[PR]

by mayumis39 | 2008-11-29 18:56 | 自然


<< 晩秋の里山 (Ⅱ)      冬と秋 >>