2009年 06月 01日

オウレン (花後)



d0047885_22105272.jpg


最初は これが 花なのか なんなのか わからなかった

里山歩きに出かけた時
ショウジョウバカマの 花後を見ていたら 少し似ていた気がして
一緒に出かけた Mさんに 聞いてみた
「こんなかたちで、丸く ぐるりと そろっていてね、可愛いのよ、
      いったい 何の 花なのかしら・・・?」
「ああ・・・、それ、もしかしてオウレンかもしれないね」
Mさんは いとも簡単に 答えてくれた
「春早い頃、福寿草よりも先に、雪の下から顔を出していたりするんだよ」
「まあ!それなら、私には咲いている花を見るのは、難しいかもしれないね・・・」

家に帰って、いろいろ調べてみると、それは、白くて小さな可愛い花だった
来年も ここに咲くとすれば
きっと ここまでは 入ってくるのは 難しいのではないかしら・・・
・・・それでも いつか 花の時を 見てみたくなった


このことを 仕事仲間の友人に 話すと
里山育ちの彼女は 少し 間をおいて 思い出を話してくれた
「そう、オウレンね・・・  オウレン。
子どものころ、おばあちゃんは、この根っこを採ってきて、
確か、粉にしてね、近所の人や、どこかから買いに来た人に、売っていた記憶があるわ・・・
グラム、いくら・・・とかでね」
「まあ!そうなんだ・・・ 漢方薬になるそうだから、そういうことがあっても不思議じゃないわね。」
「子供のころのことだから、昭和30年代のころのことかなぁ~」
こんな会話をして 二人とも それぞれに しばらくは 遠い記憶を辿っていた・・・

一つの植物から 彼女は 唐突に おばあちゃんの記憶が 甦ったという・・・

お昼休みに話をしながら 
彼女も 木々のこと 花のことを 楽しそうに聞いてくれる
「また 昨日も 行ってきたの?(^^)」

きょうは エゴノキのことを話した
「またひとつ、名前を覚えたわ^^」


いつか 彼女とも 一緒に 里山を歩けたらいいなと思いながら
仕事が早めに終わる私は きょうもまた ほんの少しだけ 緑の中へと出かけた




[PR]

by mayumis39 | 2009-06-01 22:57 | 花暦 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mayumis39.exblog.jp/tb/9805458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アリス at 2009-06-02 07:12 x
お仕事もされながら、里山の探検。
充実の日々を、お過ごしのようですね。
先日から、いっぱい知らない花木の名前を教えていただいてます。
勉強になるワン。
Commented by ironsky at 2009-06-02 21:11
野山をのんびり歩くと、良い出会いがありますね。
私など、野草の名前をほとんど知りません。
今覚えても、すぐに忘れてしまうし。
オウレン、野山でその花を見てみたいものです。
Commented by moraisan at 2009-06-02 21:26
最初の出会いが実であったり‥ そういうことはよくありました。
その正体が分かるまで数年を要したものもあったから‥ 持つべきものは良き友人ですね^^

若い頃、南アルプスの山小屋にいたことがあります。
焚き物(ダケカンバの薪)を背負い上げる仕事を好んでしたので、
一回の食事の量は三合~四合飯にもなったのですが、毎食後に飲むミツバオウレンの茶のおかげで、
お腹をこわすこともありませんでした。
口が曲がるほどの苦味であったのが、慣れると好ましく、これも丼ぶり一杯は飲んだものでした。

Commented by mayumis39 at 2009-06-02 23:29
*アリスさん
こんばんは!
少し不安ながら、独りで歩く里山でも、行くたびに新しい発見があり、
今の私にとって、一番の憩いの場となっているのです。
楽しい時間は、自分で作るものなんですね・・・この頃特に感じています。
私も、まだまだ勉強中、
子どもと一緒で、覚え始めが一番楽しいのかもしれません^^
Commented by mayumis39 at 2009-06-02 23:34
*ironskyさん
同じところに出かけても、次に行ってみると、草丈が伸びていたり、
花が実を結んでいたりで、里山は飽きることがありません。
初めて見た植物を、家に帰ってから調べたりするのも、また楽しい時間です^^
Commented by mayumis39 at 2009-06-02 23:43
*moraisanさん
本当に、良い友人に恵まれていると思うのです。
いろいろ辛いことはあっても、友人たちのおかげで、元気でいられます^^

moraisanさんのお若いころのこと、お話いただけてうれしく、山小屋でのことを想像しています。
また、オウレンが一つの記憶を思い起こさせてくれたのかと・・・


<< かわいいね!      エゴノキ >>