きょうから あしたへ

mayumis39.exblog.jp
ブログトップ

タグ:父 ( 30 ) タグの人気記事


2013年 08月 24日

シロナス


珍しい シロナスを 頂きました
d0047885_23455810.jpg


その中に

こんな形のものが・・・

d0047885_23463276.jpg


うふふ^^   ・・・でもね

みんな 焼きなすにして 美味しく たべちゃいました^^


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シロナスは 亡くなった父が 畑で 作ってくれていたので
元気だった頃には よく 送って くれたものだ
「焼きなすにすると 一番 うまいでな」・・・
父が 言うとおりに シンプルな 調理法で 食べるのが 一番!

ねっとりと 甘みが強く 味が 濃いのが 特徴で
頂いたものは とても 大きかったので
250度に 温めた オーブンで 15分ほど焼いて 皮をむき
麺つゆと すりおろし生姜をかけると 
それは もう とても 美味しい!!

父は 新しい 野菜を 作るのが 好きだった・・・
シロナスに トマピーや オレンジ白菜
ブロッコリーやカリフラワーに似た サンゴショウ(父にはそう聴いていた)
まだ 今ほど 一般的でなかった時から スナップエンドウ(スナックエンドウ)も 作っていた

父の畑で 採れたものは どれも 味が濃くて とても 美味しかったけれど
なかでも この シロナスは 絶品で 家族は みんな この味が 好きだ



・・・・久しぶりに 懐かしい シロ焼きなすを 楽しんだ・・・・



[PR]

by mayumis39 | 2013-08-24 00:14 | | Trackback | Comments(4)
2012年 09月 08日

きょうの ちいさなおつまみ



「十六ささげの煮物」
d0047885_22244859.jpg


食卓を 眺めた 夫が すぐに 言った
「珍しいものが あるな・・・」

うれしかった・・・

夫は この 豆のことを 覚えていてくれた・・・

生前 父が よく作っていた豆だ
そうして この季節に 実家に 帰ると
母が 甘辛く しっかりと 煮ていてくれたものだ

たくさん この豆を 作っていた頃には
時々 宅配便で 送ってくれていた

この 懐かしい豆を 見つけたのは 
地場産の 野菜を売るコーナーだった
私は 迷うことなく 買い求め
母がしてくれたように 甘辛く 炊いた

少し もっちりとした 食感は とても 懐かしくて おいしかった・・・

畑の 作物のことを うれしそうに 話す 父の顔が 浮かんだ
最後に 実家に 帰った4月
忘れ物を とりに戻った時に 
玄関先で 手を振っていた 母の 顔が 浮かんだ・・・








 

「十六ささげ」は・・・
[PR]

by mayumis39 | 2012-09-08 22:47 | | Trackback | Comments(2)
2012年 07月 02日

きょうのちいさなおつまみ



なすときゅうりの塩もみ           奥に見えるのは よしなの昆布〆

d0047885_22523034.jpg



特別なものではなくても

夕方 我が家の 小さな 菜園から 採ってきた

ナスと きゅうりを

塩で もんで

きゅっと しぼって

生姜を すりおろして かつぶしと ほんの少し 麺つゆをかけて・・・

さあ これで きょうの ちいさな おつまみ


父も これが 好きだった
自分の 畑から 採ったばかりのを
自分で ちょっ ちょと きざんで 作ってくれた


なんだか

父と おんなじこと してるなぁ~



[PR]

by mayumis39 | 2012-07-02 23:01 | | Trackback | Comments(2)
2012年 06月 27日

夕陽


d0047885_22102548.jpg
26日pm7:13



「また あしたね・・」と 手を振って 帰って行った あの子たちは

ちゃんと お家に 着いたかしら?

今頃は 

家族と 夕餉の 食卓に ついているかしら?





More
[PR]

by mayumis39 | 2012-06-27 00:13 | 空&雲 | Trackback | Comments(6)
2011年 10月 27日

不如帰 (ホトトギス)


d0047885_2311488.jpg



この花の 名を 教えてくれた 父が 逝ってから

もう 三年半・・・



[PR]

by mayumis39 | 2011-10-27 23:15 | 花暦 | Trackback | Comments(2)
2011年 07月 15日

クチナシ


d0047885_0234624.jpg


朝 

カーテンを 明けると

思いがけず

クチナシの 花が ほころんでいた

この冬には 

大雪で 痛めつけられて

ずいぶん 弱っていたけれど

また

復活して 花を 咲かせた・・・

なんという 力強さだろう



繰り返す 季節の中で

クチナシの ふくよかな 香りに 

いつも 思い出すのは

子どもの頃の 家の 

門の 近くにあった

小ぶりの クチナシの 花と

この花の 名前を 教えてくれた 父のこと・・・


d0047885_045431.jpg





[PR]

by mayumis39 | 2011-07-15 00:46 | 花暦 | Trackback | Comments(4)
2011年 03月 06日

きょうのおつまみ (ホタルイカのお刺身)

ことしも ホタルイカの 季節になった

ああ・・・ 

春だなぁ~ ・・・と 思う

d0047885_23361425.jpg



ホタルイカ  なばな  わけぎ

春の 旬のものが 出回るようになると

父のことを 思いだす・・・



初めて 食べた 釜揚げの ホタルイカのことを 何年も ずっと 語っていたこと

朝摘みの なばなを 宅配便で 送ってくれていたこと

香りのよい わけぎを 地下足袋をはいて 畑に 採りに行ってくれたこと



父の 好きだった ホタルイカも なばなも わけぎも

今は

私の 好きな 春の ごちそう



[PR]

by mayumis39 | 2011-03-06 23:54 | | Trackback | Comments(6)
2010年 12月 31日

きょうのおつまみ


「松前漬け」
d0047885_0244086.jpg


今年は 手作り

久しぶりに スルメを ハサミで きざみ

昆布を きざみ・・・

そうして 母の 作り方を 真似て

人参も 入れて・・・



材料は こちら ↓
d0047885_0285996.jpg

昆布・スルメ・にんじん・ゆず・数の子・鷹の爪



ダシ醤油・日本酒・みりんを 入れて

2~3日 冷蔵庫で ねかせれば 出来上がり!


d0047885_033899.jpg



ああ・・・ 日本酒が飲みたくなっちゃった!・・・と思ったら
↓ ポチッとね♪






More
[PR]

by mayumis39 | 2010-12-31 00:33 | | Trackback | Comments(4)
2010年 09月 24日

父からの便り


机の引き出しを 整理していたら
父からの 懐かしい 便りが 出てきた
もう14年 16年も前のものだ

当時 小学生だった 息子あての 葉書が 二枚

「老眼鏡かけて文読む 秋灯下」

敬老の日に 父宛てに出した 手紙への 返事だった

d0047885_17125275.jpg



ああ・・・ そうだった・・・

その頃のことが いろいろと 懐かしく思い出されて
しばらく 時間がたつのを 忘れた

こうやって 孫への 便りを ちゃんと 書いてくれていたのが 
今さらながらに 嬉しくて ありがたいことだった・・・



そういうわけでもないけれど
孫から 「敬老の日」に 便りを貰うようになった私も
きょうは 小さな「手型」を押した葉書の返信を ・・・書いてみた


[PR]

by mayumis39 | 2010-09-24 17:59 | 徒然に・・・ | Trackback | Comments(14)
2010年 06月 19日

たまねぎ



d0047885_23153640.jpg


先週は 父の 三回忌
父の いとこの おばさんに たまねぎを いただいた

・・・そういえば

父の 畑の 最後の 収穫物は 
たまねぎだった

父が 亡くなった後
残された畑の ナスや トマト きゅうり 豆類は 
姉と一緒に できるだけ収穫したけれど
父が 掘り起こして 半分くらい収穫したあとの たまねぎは
そのままに 残っていた
父は きっと 次の日にでも 掘り起こそうと思って 
最後の日には たまねぎを 残しておいたのかもしれない・・・

母は もちろん 
姉も 私も その作業は できなかったので
玉ねぎは 地主のおばさんが 掘り起こしてくれて
あとから わけてもらった

このたまねぎを もらった時に
すぐに 父の 畑のことを 思い出したのだった

たまねぎが 並んだ畑が 眼の前に 浮かんだ
(そういえば あの時は たまねぎの 季節だった・・・)

父のいとこの おばさんは 85歳
「そっちにも 野菜は たくさんあって 珍しくもないだろうけど また 食べたってね」
・・・そう言って
おばさんは 法事の後 元気に 自転車を 漕いで
ひょいと 軽々 自転車に またがって 帰っていった・・

自宅に 持ち帰って
風通しの 良い場所に つるした たまねぎ

昔 父が 元気だったころに 送ってくれた たまねぎのように
特別 辛くて 
きざむたびに 眼にしみて 涙が 滲んでくる・・・







 
[PR]

by mayumis39 | 2010-06-19 23:44 | 徒然に・・・ | Trackback | Comments(4)